中古マンション価格、都市圏の下落率が縮小

昨年度の首都圏中古マンション平均価格は2,791万円(前年比2.5%下落)と、2008年以降の最低価格を記録しましたが、下期には上昇傾向に転じて下落率は縮小した。都道府県別では、東京都3,667万円(同0.5%下落)、神奈川県2,403万円(同2.2%下落)、埼玉県1,820万円(同1.1%下落)、千葉県1,796万円(同2.3%下落)と全ての都道府県で下落となりました。

 しかしその一方、主要都市別では、東京23区が3,995万円(同0.5%上昇)、横浜市2,532万円(同2.3%下落)、さいたま市2,129万円(同0.4%上昇)、千葉市1,707万円(同3.1%下落)と、23区と、さいたま市が上昇に転じました。

 また、13年12月の中古マンション価格は、首都圏が2,831万円(前月比0.3%上昇)と3カ月連続の上昇となりました。

TOPヘ戻る