太陽光発電の全量サービス、東京久米川のマンションに初導入

㈱大京は16日、3月下旬に販売する分譲マンション「ライオンズ久米川駅前」

(東京都東村山市、総戸数58戸)に、ライオンズマンションとしては初となる

「太陽光発電の全量売電サービス」を導入すると発表した。

 

同社は2011年、新築・既築のライオンズマンションにオリックス電力の電力一括購入

システムを導入。

13年6月にはMEMS(マンションエネルギーマネジメントシステム)とスマートメーターを

標準装備した。

全量売電サービスを導入することで、より環境、家計へのメリットを訴求する。

 

同サービスは、マンションに設置した太陽光発電システムで発電した電力を、

オリックス電力を介して電力会社にすべて売電する。

大京の試算では、電力一括購入システムなどによる節電効果と併せ、

電気料金を約27%削減できるという。

 

「ライオンズ久米川駅前」は、西武新宿線「久米川」駅徒歩2分に立地する、

鉄筋コンクリート造地上15階建てのマンション。

住戸は専有面積56~75平方メートル、2LDK~3LDK。

15年7月に竣工予定。販売開始時期と価格は未定。

TOPヘ戻る