売買契約について

フジホーム山岡です。

本日は不動産売買の契約に関してお話します。

 

契約は原則として自由です。

売主と買主との契約は、法令に違反する、公序良俗に反するなどの問題がない限りは自由になっております。

逆に言えば、契約は自己責任で締結することが原則ということです。

もちろん、消費者が一方的に不利益を被る契約とならないよう一定の法整備がなされていますが、すべてをカバー出来る訳ではありません。

最終的には自己責任でしっかりと契約内容を確認した上で、契約に臨むことが重要です。

なお、契約に定めがない事項については、民法その他の関係法令に従い、協議の上で決定することとなります。

したがって、重要な契約条件が不明確であると、契約後のトラブルにつながってしまいますので注意しましょう。

TOPヘ戻る