住宅ローン減税について

 消費税は、2014年4月に8%、15年10月に10%へ引き上げ予定。

住宅の場合、土地は非課税だが、建物には課税されるため、増税後は

大きな負担増となる。

 そこで政府は、住宅ローン減税を拡充し、需要を下支えすることを決めた。

現在の制度では、年末の住宅ローン残高のうち2000万円までが対象で、

1%の控除が受けられる。2000万円×1%で年間最大20万円の控除だ。

これが10年間、最大200万円の減税となる。

 

 これに対し、消費税が増税される14年4月以降は、対象となる年末の

ローン残高が4000万円まで引き上げられる。その結果、年間最大40万円、

10年間で最大400万円の減税となる予定だ。この差は大きい。

TOPヘ戻る