「不動産再生で国交省などが研究会を発足」

不動産適正取引推進機構が老朽化・遊休化した不動産の再生をテーマに研究会を発足します。国語交通省や業界の関係団体などをメンバーに、不動産再生事業に取り組む実務家からのヒアリングを通して、不動産の再生を妨げる課題やその改善策などを検討し、広く発信していくようです。この研究会は「不動産再生研究会」として、2月14日に第1回会合を開きます。

 この研究会のメンバーは国道交通省、Re-Seed機構、全国市街地再開発協会、日本建設業連合会、全国住宅産業協会、日本ビルヂング協会連合会、日本不動産研究所、不動産協会、不動産証券化協会、不動産適正取引推進機構、民間都市開発推進機構。

TOPヘ戻る