不動産取引の重要事項説明がネットでも可能に?

政府は20日、IT総合戦略本部で決めるIT活用に向けた行動計画策定において、

現在対面での説明を義務付けている不動産取引での重要事項の説明を、情報技術における規制緩和の一環として

インターネットや電話を通じても可能とする案を国交省に提言しました。

この案が実現しますと現状の契約書の交付を書面のみとしている制度も改められ、メールなどの電子媒体でも

受け取れるようになります。

TOPヘ戻る