売買決済の流れ

フジホーム山岡です。

 

本日は入社後初めての不動産売買決済なので、決済の大まかな流れを紹介します。

 

まず初めに境界の確認や設備表等に基づき、契約書に定めたとおりに引き渡しが行われるか確認します。

 

次に所有権移転登記の申請に必要な書類を司法書士が確認します。

ご売却物件に住宅ローンなどの抵当権がついている場合、残りの債務を一括返済して、抵当権を抹消しておかなければなりません。

 

そして、買主様から売主様に残代金を支払います。

預金小切手で授受するケースもありますが、買主様が住宅ローンを利用する場合などは、金融機関に集まって振込で残代金を授受するケースがほとんどです。

残代金授受の完了と同時に、所有権移転、抵当権の抹消等の登記申請を司法書士に委任します。

 

固定資産材や管理費など(マンションの場合)の清算を行います。引き渡し前日までは売主様の負担、当日からは買主側の負担として日割りで清算を行うのが一般的です。

残代金の受領と同時に、物件(鍵)を引き渡します。玄関の鍵だけでなく、勝手口、門扉その他の鍵等を全て渡します。引渡しが完了した証として、売主・買主双方で「引渡確認票」を取り交わし、売買契約の全てが完了したことを確認します。

 

最後に、不動産会社への仲介手数料、司法書士への報酬などの支払いを済ませます。

 

以上が全体の流れになります。

 

TOPヘ戻る