贈与税について

式会社フジホーム 山岡です。

 

お客様より「贈与税」について質問がございましたので、

本日は、贈与税に関してお話させて頂きます。

 

まず、贈与税とはどんな税金か。

「贈与税」とは「生きている人の財産をもらったときにかかる税金」の事を言います。

 相続税とはどんな税金か。

「相続税」とは「亡くなった人の財産をもらったときにかかる税金」の事を言います。

 

では次に、なぜ贈与税がかかるのでしょうか。

相続する時だけ税金をかけて、贈与をする(生前に財産をあげる)ときに税金をかけなければ

問題が生じます。

なぜなら、生きている間に全ての財産を贈与してしまえば、全く税金を支払わなくて済むからです。

これでは、相続税の意味が無くなってしまいます。

したがって、贈与税が必要になります。

 

また、贈与税は、相続税に比べて高い税率になっています。

つまり同じ金額の財産を貰った時に、贈与税の方が税金は高いと言う事です。

理由は、もし贈与税の方が安ければ、相続税がかかる前に全ての財産を贈与してしまえば、

税金が安くなるからです。

これもまた、相続税の意味が無くなってしまいます。

よって、贈与税の方が、相続税に比べて高い税率なのです。

 

では、相続税より高い税率の贈与税を支払ってまでも、贈与をすることは意味があるのでしょうか。

 

次回は贈与をうまく使うことにより、相続税と贈与税を合わせた総額の税金を安くすることが出来るのかを

説明したいと思います。

TOPヘ戻る