「東証住宅価格指数」上昇

東京証券取引所は今月26日、東証住宅価格指数9月値を公表しました。首都圏総合は78.01ポイント(前月比0.67%)の上昇でした。地域別では、東京が82.49ポイント(前月比0.74%上昇)、神奈川が76.95ポイント(前月比0.69%上昇)でした。また千葉が65.67ポイント(前月比1.77%上昇)で3ヶ月連続の上昇、埼玉は67.38ポイント(前月比-0.87%下落)で2ヶ月連続下落しました。

 

*東証住宅価格指数とは

当指数は、首都圏の既存マンション(中古マンション)に関して、公益財団法人東日本不動産流通機構に登録された成約情報を活用し、似た物件の価格の変化に基づいて算出された指数です。不動産価格の動向に関する一つの指標となるため、J-REIT(上場不動産投信)を含めた不動産投資市場の活性化が期待されるとともに、既存住宅の価格動向に関する国際的な比較も可能となります。

TOPヘ戻る